FC2ブログ
漫画創作への挑戦は続く…

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログパーツのエリティア第1話 新しくしました。^^

[あいかわらず奇跡的な確率でなければ、まともに再生されません・・・。orz]

 


エリティア ソウルオブドール1
↑直通QRコード。
【注意:携帯漫画は膨大な画像ダウンロードなので、パケット定額制じゃないとパケ代死にます。】


改訂って「かいてい」って読むんですね。

ずっと「かいちょう」だと思っていました。^^;

どうりで変換されないわけだ。(〃▽〃)


そういえば前回のブログパーツ更新の記事に、最近拍手していただいていてありがとうございました。(≧∀≦)

またしばらくは続けていけそうです。*))))))(〃▽〃)

スポンサーサイト

親父キャラデザ撃沈2連発
悪役剣士?

渋いベテラン騎士さんをデザインしようと思ったら、悪役っぽくなってしまいました。

気を取り直してもうちょっと無骨な感じにしてみることにしました。

鍛冶屋の親父?

う~ん、今度はどう見てもせいぜい村人にしか見えない変哲のないおじさんになってしまいました。^^;

鍛冶屋の親父ってとこでしょうか?


せっかくなので没にはしませんがね・・・・・・。w


この調子でいけば、かっこいい親父剣士描き上げるまでにいったいどれだけのサブキャラが量産されることか・・・。orz


でもそういうキャラをわざわざデザインするのも難しいので、長い目で見ればかえって都合がいいのかもしれないですね?www


なんかいつのまにかに過去記事で、ぽつぽつ拍手押していただいているようでありがとうございます!^^
ガンバりまふ♪

ブログパーツ携帯漫画の内容を変更しました。
ブログパーツ携帯漫画の内容を変更しました。

本編で第4話にあたる部分です。

現在、本編をファン限定配信にしてしまいました、ごめんなさい。(←反省はしていない)


けっきょく、なぜファン限定にしたかというと、細かいことはいろいろあるのですが、一番の理由は004話がちょっとおかしな部分があって直したかったんですが、修正よりも先に本編を多少荒削りでも進めようと考えたからです。

004もそうなのですが、要領を得てきていろいろと機能を使った面白い表現も思いついてきたので、もっと前の話からそういうことを使って作り直したり、もっと字を読みやすくしたりしたいと考えているのです。

ただ、細かい修正って、試行錯誤して何度も画像変更して画面に当てはめてみないとうまく行っているか解らないので、時間が掛かっちゃうんですよね。


なので、一度ある程度まで多少納得いかないところがあっても進めちゃおうと思い、ファンになら会報でその旨伝えられるので、そういう趣旨を理解した上で見て欲しくてファン限定にしちゃおうと考えたのです。

そのうち修正したりして、一般配信もしますが、もうしばらくは鈍足更新がつづきそうです。

前より見かける髪形になったかな?
チェルシェ

前回のスクロール漫画にも出ていますが、以前のボツ娘の修正ヴァージョンです。

最初はカール部分がもっと描きやすくなるように、毛先が上にはねている程度まで変えようと思ったのですが、ちょっといじったら自然な感じになったので、これで行くことにしました。
まあ、難しかったら作品の中で美容室に行ってもらって短くしてもらいます。w

このくらいの感じなら、現実でもぎりあり?



最近、裏で少ない時間をみつけては、作画を頑張っていたのですが、ほんと気付けばあっという間にGW過ぎていました。

ようやく携帯の方も更新できたのですが、思い通り行っていない部分もあって、またちょっといじらなくてはなりません。
こういうのがけっこう時間を取られちゃいます…。

そのうちこちらでもお見せできればなと思っていますが、その前にもう少し携帯の方を進めておきたいと思います。


まだまだ描くべきことが多くて、携帯のシステムでファンになってくれている人の存在にずいぶん励まされています。(゜∀゜;)

今ハヤり?のスクロールマンガに挑戦してみた。
現在携帯で更新中のマンガの、追加要素をスクロール漫画にしてみた。

スクロールマンガVer.1



最初のコマ割より見やすくて、雰囲気も残ってていい感じじゃないですか?!!(゜∀゜;)=3
携帯だとアラ目立たないから綺麗にしてないけど、さすがにアラが目立つな。(^^;)

下のボツ娘もちょっとだけいじって登場!w

けっこうアラいのに、サムネだと綺麗に見えてまう…。(@@;)
Copyright © 竜神と風の訪れる場所. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。